​全生訓

生くるものはいつか死ぬ也。

それ故生きている也。

されどいつか死ぬに非ずして、刻々死している也。

 

笑っていても泣いていても、死につつある也。

その死につつあるを生きていると申している也。

 

刻々生きている人あり、死んでいる人あり。

利害得失に追い廻されて汲々としている如きは、生きているのは利害得失にして、人は刻々死んでいる也。

知識に追われ規則にしばられ、毀誉褒貶の為、他人の顔色に使われているが如きも亦同じ也。

この刻々死につつある人世に生ききること、全生の道也。

野口晴哉