プロフィール

hba-15.jpg

野口整体指導者:日比祥友

田総康夫先生に初めてお会いしたときに、先生の前でうつ伏せになり指導を受けている方の背中をまるで宝物のように触れている先生を見て、この人には野口晴哉が言っている「いのちへの礼」がただの観念ではなく、ちゃんと直伝で伝っているひとだと直観した。

そんな風に感じた唯一の整体指導者が田総先生だった。

のちに野口晴哉が亡くなる直前に「あとは田総を中心にしてやっていくように」と指名された方であることを知る。

 

実際、私が初めて田総先生の指導を受けたときに掛けられた言葉は「もっと楽に生きられるといいのにね」というものだった。

ちょうど東京海上を脱サラして役者の道に入って舞台の主演経験もさせていただいたが事務所に所属することも出来ずに行き詰っていた時期でもあり、大好きな祖父が亡くなった時期でもあった。

 

初めて先生の愉気を受けた時、カラダという水袋の中の背骨がクッキリと自覚させられ、ものすごい安心感に包まれたのを覚えている。

 

田総先生にお会いしていなかったら整体指導者の道に踏み込んでいなかっただろう。

 

野口整体の指導者になるなんて止めたほうがいいと老婆心ながらにアドバイスをしてくるひとは大勢いたが、田総先生がいつも弟子として接してくださったお陰で今の自分があります。

1972年京都生まれ。慶應義塾大学理工学部卒業後、東京海上火災保険株式会社に入社。

 

脱サラし役者の道へ。

 

その後2006年、田総先生に出逢い整体指導者を志し、今に至る